ボディクリーム Arm・Back UV

ボディクリーム Arm・Back UV

限定
販売価格:¥6,912(税込)
商品コード:
BD23001HA

RELATED ITEM

より、魅せる“肌”、魅惑のバックスタイルへ。
上半身パーツに磨きをかける
UV&美肌ケアするボディクリーム

艶やかなデコルテ、すっきりとした肩甲骨まわり、たるみのないしなやかな腕、上半身には女性らしさの決め手となるポイントがギュッと詰まっている。
Arm・Back UVは、上半身パーツに狙いを定め、美しい曲線となめらかな肌へと導きながら透明感あふれる美しさに仕立ててくれる、UV・スキンケアボディクリーム。

SPF50+・PA++++

-美的 2018上半期ベストコスメ ボディケア部門2位
商品説明
  • 1. 上半身に狙いを定めた、UVボディケアクリーム
    UVをガードするだけじゃもの足りない。二の腕のもたつきや、バックスタイルを損なう埋もれる肩甲骨まで考えた、新感覚のボディケア。ゴールデンカモミールエキス*が肌をひきしめ、すっきり魅力的なフォルムへ。
  • 2. みずみずしいハリ感のある、なめらかな肌へ
    新配合のヒメフウロエキス**が紫外線によるダメージを防いで、ハリをキープ。角質層の潤いをサポートしながら、ニキビやざらつきの気になる背中や二の腕もなめらかに整えます。
  • 3. ツヤ・透明感、ほのかな血色感をオン。
    女性らしい爽やかさとやわらかさを風にのせて薫らせる
    繊細に輝くラベンダーとピンクの2色のパールが肌にツヤと透明感、ほのかな血色感を演出。シトラスベースにピュアなフローラルとムスクを重ねたシトラスフルーティーの香りです。肌に素早くなじみベタつかない仕様だから、ドレスの脱ぎ着もとてもスムーズ。さりげない仕草も、優雅に女性らしく。

    *整肌成分の、クリサンテルムインジクムエキスです。
    **保湿成分です。

ご使用方法
  • 手のひらに適量をとり、やさしく肌になじませてください。汗をかいたり長時間屋外で過ごすときは、2~3時間毎につけ直すことをおすすめします。
内容量・成分
商品名: UVボディクリーム a
内容量: 40g
成分: 水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、BG、セバシン酸ジエチルヘキシル、メタクリル酸メチルクロスポリマー、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、(VP/エイコセン)コポリマー、ペンチレングリコール、ハチミツ、ヒメフウロエキス、サッカロミセス/ハトムギ種子発酵液、グリチルリチン酸2K、パイナップル果実エキス、リン酸アスコルビルMg、ソメイヨシノ葉エキス、マグワ根皮エキス、プルーン分解物、ツボクサエキス、エクトイン、クリサンテルムインジクムエキス、ペポカボチャ種子エキス、アーチチョーク葉エキス、酸化セリウム、キサントフィル、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、加水分解エラスチン、コーン油、白金、エチルヘキシルグリセリン、ステアリン酸グリセリル(SE)、シリカ、マイカ、酸化チタン、ポリソルベート60、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、t-ブタノール、水酸化Na、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール、香料

パラベン・アルコール・シリコン・鉱物油・合成着色料 フリー
※ご使用の際は、衣服等につけないようご注意ください。衣服等についたときは、すみやかにふき取り、水かぬるま湯で丁寧に洗ってください。
※ご使用後は容器の口もとをきれいにふき取り、キャップをきちんと閉めてください。
※一度容器から出した中身は、容器に戻さないでください。
※本製品を本来の用途以外に使用しないでください。
※直射日光のあたるところや、極端に高温・低温のところには保管しないでください。
※乳幼児の手の届かないところに保管してください。
梱包について
  • UVボディクリーム限定ショッパー(紙袋)をお付けいたします。
使用上の注意
  • お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。
  • 化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
    (1)ご使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合。
    (2)ご使用したお肌に、直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合。
  • 傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。
  • 目に入った場合は、すぐに水かぬるま湯で洗い流してください。
  • すすいでも目に違和感が残る場合は、眼科専門医へご相談ください。